学校長ごあいさつ

晃華学園中学校高等学校|校長|西山 恵子

一人ひとりをかけがえのない存在として

晃華学園の中庭の芝生には菩提樹が植えられています。植樹されたときには細かった枝々が今は成長し、日陰も作ってくれます。春には入学してきた生徒たちがその下で楽しそうにお弁当を食べる姿が見られます。菩提樹の大きさはこの学園の歴史にたとえられるでしょうか。大木とは言えません。しかし、根は200年の歴史を持っています。フランス革命後の混乱したフランスを救うことができる最上の方法は教育を施す学校にあると考えたヨセフ・シャミナードは、男女両修道会創立(1816年と1817年)当初から、教育事業を使徒活動の中心にしています。従って晃華は、世界のマリアニスト(マリア会系)スクールに共通の指針に基づいて教育を行っています。しっかりした根に支えられた晃華は、その葉の下に生徒を憩わせつつ、人間と自然への愛、そして高い志と広い視野を持った生徒を育てていきます。

教育理念

晃華学園は、カトリック女子修道会「汚れなきマリア修道会」(1816年フランスにて創立)を設立母体とするミッション・スクールです。なお、本校はマリア会系(マリアニスト)の学校として、世界のマリア会学校に共通の指針に基づいた教育を行っています。したがって、本校の教育の根底にはカトリックの教えがあり、かつマリアニストスクールに共通の5つの教育理念が包括されているのです。

1.質の高い全人教育
  • 真理を求めて主体的に学ぶ姿勢
  • 豊かな感性と創造性
  • 意欲と向上心
2.カトリック精神を根幹とした教育
  • 同時代を生きる人々への深い関心
  • 正義を実現していく考動・・
  • 「ノーブレス・オブリージュ」の精神
3.正義・平和・連携のための教育
  • ゆるぎない価値観
  • 神が造られた世界を善いものとして積極的に受け入れる態度
  • 神の無限の愛の対象としての人間の尊厳と命をいとおしむ心
4.変化に対応できる教育
  • グローバル化した世界で生きていく力
  • 情報化社会で生きていく力
  • 高まっていく女性の社会的役割に応え得る女性の育成
5.家庭の精神における教育
  • ありのままの自分、そして他者への愛と受容
  • 礼儀・規律・秩序の重視
  • 自律・自立による社会性の育成
PAGE TOP