国際教育 English

ゼロからの英語が、未来を開く本物の英語力に 中学ではじめて英語に触れた生徒が、6年後には社会でも通用する本物の英語の力をしっかり身につけている…。晃華の英語教育ならば、特別な能力は必要ないのです。

晃華の英語教育

ネイティブ教員のめざす英語教育とは英語をできるだけ自然に身につけさせること。そのために中1ではディズニー映画の歌を歌ったり、ダンスを踊ったり、お芝居をしたり…。楽しく自然な環境の中で英語を身につけます。中2でも引き続きさまざまな映画を使ってQ&Aを行ったり、発音練習をするなど、生の教材でリスニング力をさらに強化。そして中3では図書情報センターで毎回ジャンルを変えて本を読み、その内容を英語でまとめ、英語で感想を書きます。生徒はほぼ毎回の授業で英作文を書き、それを添削してもらいますが、この段階ではとにかく細かい文法よりも「楽しく読んで書く」ことを第一に指導しています。高校になると社会性のあるトピックや文化・価値観について、リスニングや英語でのプレゼンテーションを実施します。英語の長編小説を読む授業もあります。高2・3では入試問題演習や英語で自分の考えを表現する訓練、英語での面接練習、ディクテーションなど、英語を使ったあらゆる場面に対応できる授業を展開。さまざまな取り組みで、中学1年生で初めて英語に触れてから卒業までの6年間で、大学入試だけでなく社会に出ても充分通用する本物の英語力を育てる教育を展開しています。

英語科の取り組み

  • 知的好奇心を刺激し、自ら学ぶ意欲を掻き立てる、楽しく質の高い授業
  • スピーチコンテストやディスカッション、エッセイライティングなど、分かち合い、表現する機会が充実
  • 中学3年からは3分の1以上の授業をネイティブスピーカーが担当。
  • 絵本の読み聞かせから数百ページのペーパーバック読破まで、図書情報センターの洋書を活用した多読
  • ニュースや映画、新聞、雑誌、スピーチ、プレゼンテーションなど、生の素材を使って多岐にわたる話題を扱い、世界に目を向け、現代の諸問題について考える。

本物の英語力を身につければ、どのような入試にも対応できる。将来英語を使って英語を舞台に活躍できる人を育てる。

語学研修

語学研修

高1の夏休みに2週間ほどの英語語学研修を行っています。現在は、イギリスでの研修を行っており、豊かな自然環境の中でのホームステイ生活を通して、英語力だけではなく人間力を磨いています。費用は70万円ほどで、学年の約半数の生徒が参加しています。これ以外にも個人的に短期間の語学留学を行っている生徒もいるようです。

カナダ語学研修の感想(※2015年度まで実施)

TOEIC・英検

TOEIC・英検

晃華では英検とTOEICを学校内で受検できます。毎年1月末に中2〜高2を対象に実施。多人数が受ける外部資格のため、生徒たちにとってよき目標であり、実力を客観的に判断する材料にもなっています。(英検を校内実施できるのは2級までのため、すでに2級に合格している生徒はTOEICを受検しています)

2015年TOEICスコア

国際交流センター

晃華学園の国際交流センターでは、留学を考えている生徒のために、相談・留学機関の紹介などを行っています。
晃華学園の国際交流センターで取り扱う主な留学の種類には、次のものがあります。

(1)高校留学
在学中、AFS・WYS・EFなどの制度を利用して、10カ月以上12カ月以内の範囲での海外留学を許可しています。交換留学機関の試験を受けて、その団体から外国に派遣されるという形が主流です。条件を満たせば、留学中の単位は認められ、元の学年に戻って、学園生活を続けることができます。
(2)大学進学
卒業後、日本の大学に進学せず、直接外国の大学に進学するものです。大学出願前に、TOEFL・SAT(アメリカ)・IELTS(主にイギリス)といった、規定の語学・学力試験を受験するのが普通です。
PAGE TOP