晃華学園総合学習プログラム

カトリックとして、またマリアニストスクールとしての教育理念をこれまで以上に浸透させ、その教育の真価をよりいっそう発揮していくために、「カトリック的価値観に基づいた総合学習プログラム」を策定しました。これからの世界が取り組むべき重要課題である5つのテーマを、6年間の授業・行事・生活の中で総合的・体系的に学習。「高い志と使命感」「人間と自然への深い理解と愛」「グローバルな視野」の3点が深く身についていくように、有意な取り組みを学園をあげて実施します。

晃華学園総合学習プログラム

これまで各教科の授業・学校行事・折々の学年行事、その他さまざまな場面で個々に取り上げられ、別々の機会に学習されてきたものを、カトリック的価値観に基づいて総合的に学ぶ6カ年プログラムとして体系化。上記5つのテーマに沿って、時期(適齢・学年)と内容(行事・授業)を相互に関連づけて実施していきます。

晃華学園総合学習プログラム取り組み例

(2014年10月現在の実施例であり、今後、変更になることがございます。)

生命

プランジャパンによるジェンダー教育

高校1年生のロングホームルームで行います。すべての子供たちへの教育の普及(特に、女子教育の普及)が、「生命」とどのように関わっていくのかを学びます。

ユニセフ講演会

中学2年生のロングホームルームで行います。日本ユニセフ協会の方に、世界中の子どもたちを取り巻く環境について、講演いただき、子どもたちの命と健康を守るためには、どのようなことが必要なのかを学んでいきます。

  • プランジャパンの講演会(高1L.H.R.)

    プランジャパンの講演会(高1L.H.R.)

  • ユニセフ講演会(中2L.H.R.)

    ユニセフ講演会(中2L.H.R.)

自然と環境

ホタルの幼虫飼育

調布市が飼育しているホタルの幼虫を借り受けて、中学1年生が飼育していきます。ホタルの幼虫と共に学園生活を過ごすことで、自然への思いを育んでいきます。

エコプロダクツへの参加

中学3年生は、12月にエコプロダクツ見学に行きます。各企業・団体・研究機関が取り組む最先端の環境技術に触れることで、持続可能な社会を作るために必要なことを学んでいきます。

  • ホタルの幼虫飼育(中学1年生)

    ホタルの幼虫飼育(中学1年生)

  • エコプロダクツ見学(中3L.H.R.)

    エコプロダクツ見学(中3L.H.R.)

自然と環境

ハンナのかばん講演会

中学2年生のロングホームルームで行います。第二次世界大戦中、アウシュビッツのガス室で13年の生涯を終えた少女ハンナ・ブレイディさんにいついて、ホロコースト教育センターの方に来校頂いて、講演してもらいます。

カンボジアの学校作り

高校2年生の静修会において、カンボジアの地方への学校作りを支援されている吉祥寺教会の後藤神父様に講話を頂きます。このお話を通じて、世界中の子供たちの教育環境に思いを寄せ、自分たちに出来ることは何かを考えていきます。

  • ハンナのカバン講演会(中2L.H.R.)

    ハンナのカバン講演会(中2L.H.R.)

  • 後藤神父の講演(高2静修会)

    後藤神父の講演(高2静修会)

奉仕と福祉

ボランティア体験

中学3年生の夏休みには、各ご家庭と各自の責任において、ボランティア体験に参加することを推奨しています。この体験を通じて、「与える」よりも「与えられる」ことが多いことや、共生社会において大切なことは何かなどの気づきを学んでいきます。

アデル献金

「サラマッポ会」を通じて、フィリピンの青少年に奨学金を送っています。毎月、1回、クラスごとに募金を集め、各学年で3名の「もう一人のお友達」を支援しています。

  • ボランティア体験学習(中3夏休み)

    ボランティア体験学習(中3夏休み)

  • 献金・募金活動(全学年)

    献金・募金活動(全学年)

奉仕と福祉

La vie heureuse

フランス語で「幸せな人生」と名付けられた卒業生のメッセージ集を作成しています。学園生活と現在の生活の結びつき、職業選択の際の判断材料、現在の仕事内容などを卒業生の言葉で生徒に伝えています。高校1年生の進路・学習合宿で配布され、この冊子をテキストに、人生についての意見交換を行います。

女性のライフスタイル

高校1年生の家庭科の授業において、各自の発表形式で学んでいきます。友人の声を通じて、女性のライフスタイルについて考えています。(教員による指導もあります。)

  • La vie heureuse(高1進路学習合宿)

    La vie heureuse(高1進路学習合宿)

  • 卒業生講演会(高1L.H.R.)

    卒業生講演会(高1L.H.R.)

PAGE TOP