国際教育
			異文化への関心と理解、コミュニケーション能力を高めることを目的に、さまざまな機会を通して国際教育を行っています。世界の人々と手を携えて生きることの大切さに気づかせ、子どもたちの視野を大きく広く伸ばします。

英語教育

スキルと人間力を高める英語教育

授業風景 「英語は人生を豊かに切り拓いていくためのひとつの大切な道具である」と考え、子どもたちがその道具を自身のスキルとして磨き続けることができるよう、授業・授業外でさまざまなプログラムを設けています。また、スキルを身につけるだけでなく、その力をもって未知の世界に挑戦し、それを楽しむことができる心を育てたいという思いをもとに、児童を見守リ、励まし、背中を押す英語教育を行っています。児童が努力し、自らを高めるという、本校がめざす教育が、英語教育にも行き渡っています。

体系的な学びを支える英語テキスト

子どもの心の成長も大切にしながらしっかりと学びを進める英語教育

教科書 カトリック学校向けに作られた教科書を使用しています。テキスト内の登場人物と学習者である児童がともに成長していくように配慮された構成となっています。当テキストは、6年間のしっかりとした見通し、学習の到達点、ねらいが明確に設定されておリ、そこに向かって児童と教師が意味のあるやリとりをすることで、児童が主体的に学ぶことができるよう配慮しています。

カトリック総合プログラムとリンクした英語教育

英語の学びを通し、他の人に寄り添う心や世界にも目を広げる教育を実践

英語の授業においても、本校がめざす児童像のひとつである「人とともに、人のために生きる子ども」の育成をめざした授業を行っています。世界に目を向け、人の心を知リ、周囲の出来事に関心を持つ機会をできるだけ多く設け、英語を通して子どもたちの視野がさらに広がっていくよう指導しています。

英語に慣れ「英語で学ぶ」

英語の授業で各国の文化も並行して学習

授業風景 1年生から英語を導入している晃華学園小学校。まずは英語に慣れ親しむために、たくさんの英語に接することを目標にしています。授業はネイティブスピーカーの教員などが主に英語で指導して、「英語で学ぶ」形式を導入。1〜2年生は恥ずかしがらずに指導者を真似るので吸収が早く、表現も豊かです。高学年は読解とライティングを学びますが、言語面のみならず、異文化の理解もめざして各国の文化についても並行して学んでいきます。
子どもたちの生活の中に、自然と英語が溶け込むように配慮をしています。たとえば、日常の校内放送・運動会、その他、年間計画に組み込まれた英語科の行事を通して、英語が子どもたちにとって生活の一部である、そんな環境づくりを心がけています。また、英語以外の教科や学校行事の中でも、英語を使う機会を取り入れています。

英語科の取り組み

  • British Hills

    British Hills

  • White Horse Theatre

    White Horse Theatre

  • Recitation Contest

    Recitation Contest

British Hills

生きた英語と英国の習慣を身につけるため、4・5・6年生の希望者を対象に福島県羽鳥市にあるBritish Hillsへ2泊3日の国内留学をします。

White Horse Theatre

英国のプロの劇団を本校に招いて英語劇を鑑賞します。

Recitation Contest

3~6年生が英語の詩や物語を暗唱して発表します。

このページのトップへ戻る