KOKA´S LANDSCAPE

次の文章は、明日行われるイースター行事について、高校2年生の宗教委員長が寄稿したものです。


「人間にとってあらゆることは不確かでも、人の死ほど確実なものはない」

これはある人の言葉ですが、その通りだと私も思います。
物事の真理を追い求める科学と学問のこの時世に、”死んだ人間が蘇る”など、ナンセンスだと、私だけでなくほとんどの人が思っていることでしょう。
しかし、その不変の真理を覆したのが主イエスの復活であり、その喜ばしい日を神様に感謝し礼拝する、そんな日がイースター、復活祭なのです。

今回、私はその御ミサにあずかるのも5回目となったので、少し違う観点からイースターについて考えてみることにしました。
主イエスの復活といえば、新約聖書におけるマタイ・マルコ・ルカ・ヨハネの四人の使徒による福音書の記述ですが、
私は、去年の宗教科の授業で扱った旧約聖書との関連性が、とても興味深いと感じたのです。

それは、旧約聖書の中でも冒頭である『創世記』の、アブラハムとイサクの物語、「イサクの燔祭」の中の文です。
不妊の妻サラとの間に神様が宿してくださった、たった一人の愛する息子イサクを、
生贄に捧げるよう神様に命じられたアブラハムは、当然葛藤はしたものの、神の意に従うことを決めます。
しかし、ここで彼は連れてきた二人の若者にこう告げたと書かれています。

「お前たちはロバと一緒にここで待っていなさい。私と息子はあそこへ行き、礼拝をして、また戻ってくる。」(創世記22章5節)

お分かりでしょうか。アブラハムは、これから生贄に捧げてしまうイサクと共に戻ってくると言っているのです。
この一文からだけでも、彼が彼の神を信じ、死が事実であると同様、戻ってくることも事実として受け入れ、
死からよみがえらせられるとアブラハムは信じている、と言う事が分かります。
さらに、その後の6節でも、イサクの「焼き尽くす献げ物にする子羊はどこにいるのですか」との問いに対して、
アブラハムは、「焼き尽くす献げ物の子羊はきっと神が備えてくださる」
と答えています。

ではこれに対して、主イエスの復活の際の記述を見てみます。
主イエスは「私は三日後に蘇る」とおっしゃっておられたのにも関わらず、主イエスが十字架にかけられると、
弟子たちは失意のうちに、一度散り散りとなってしまいます。
また、十字架から降ろされた後の記述でも、

「その死体を下ろすときに、一人の兵卒が槍でその脇腹を突いた、すると血と水が流れた。」(ヨハネによる福音書)

この文からは、「イエスが確実に死んでいたこと」「イエスは蘇らないであろうということ」を書き表そうとした事が分かります。
弟子たちは信じたかったものの、冒頭に紹介した不変の真理の方に軍配をあげそうになっていたのです。

この二つの聖書内の記述を対比してみると、創世記が書かれた時代と新約聖書の時代には、約二千年の隔たりがあります。
つまりこの間に、人々は神がおっしゃられた事を無条件で受け入れるという創世記の頃の姿勢から、
まず常識を念頭におくという姿勢に変わりつつあったのです。

現代の私たちはどうでしょう。忙しい日々の中で物事の真偽やそれを証明することばかりにとらわれ、
何かを無条件で信じ、受け入れることなどほとんどないのではないでしょうか。
だからこそ私は、このイースターミサが、私たちのため十字架にかけられ、死者の中から蘇られた主イエスに想いを馳せ、
自らの気持ちを新たに、祈りや聖歌を通して喜びとともに感謝をする、そのようなものになればいいなと願っています。

今日の私たちは、些細なことで人を憎んだり、疑ったりしてしまいます。
しかしこのイースターミサでは、主イエスの御復活をお祝いする気持ちで祈り、
あの素晴らしいイグナチオ教会の響きの中聖歌を歌うなど、
穏やかな信仰の気持ちでミサに臨んでほしいと思うのです。

皆の歌声が教会の中に響く瞬間が、あの響きを聞くのが、私は本当に楽しみです。

「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイによる福音書28章20節)

今年もこの言葉を胸に、聖イグナチオ教会で主イエスの御復活をお祝いし、祈りたいと思います。

2018/04/17 SC/クラブ/同好会活動報告

2018年度 音楽部スプリングコンサートのお知らせ

コンサート開催のご案内

晃華学園中学校高等学校音楽部オーケストラでは、下記の通りスプリングコンサートを開催いたします。ご多忙の折とは存じますが、ぜひ皆様お誘い合わせの上ご来場いただきますよう、ご案内申し上げます。

 

晃華学園中学校高等学校音楽部オーケストラ 第33回スプリングコンサート

日時   2018年5月3日(木・祝)

開場   13:00  /  開演 13:30

会場   武蔵野市民文化会館 大ホール (JR三鷹駅北口より徒歩13分)

指揮   篠田 和也(本校音楽科講師)

曲目   オルフ作曲   カルミナ・ブラーナ

シベリウス作曲 交響曲第2番 ニ長調 作品43

 

入場無料・全席自由

お問い合わせ  晃華学園中学校高等学校 音楽部顧問

PDFファイル

 

2018/04/15 学校行事

始業式

4月9日(月)、平成30年度1学期始業式が行われました。

・黙想

IMG_1150

・聖書朗読IMG_1152

・お祈りIMG_1155・校長先生のお話

IMG_1157

IMG_1160

IMG_1167・新任の先生のご紹介

IMG_1170

IMG_1173・表彰

IMG_1179

IMG_1181

 

校長先生からは、ナイチンゲールが、病院が清潔な場所で無くてはならないという認識を広げたことなど、
他者のために力を発揮した女性たちの生い立ちや活躍について、お話がありました。

「この方々のように、他者のために自らの力を使える人になれるよう、晃華学園での日々を過ごしてほしい」

シスターのお話に、生徒も聞き入っている様子でした。

 

また、終業式後にSC役員の認証式がありました。
新SC役員の紹介・SC会長の所信表明演説と、旧SC役員への感謝の花束の贈呈が行われました。
旧役員のみなさん、お疲れ様でした。
新役員のみなさん、頑張って下さい。IMG_1187

2018/04/13 学校行事

晃華生としての初めの一歩

4月2日、新中学1年生159名がはじめて晃華学園中学校に登校しました。

 

159通りの12年を過ごしてきた新入生たち。公立小出身の生徒もいれば、晃華学園小学校から入学した生徒もいます。
希望だけではなく、不安も多く抱えているのでしょう。慣れない環境に緊張してばかり。晃華学園の制服に袖を通してはいるものの、その姿はぎこちないものでした。

 

IMG_9801

 

その翌日、新中学1年生は一泊二日のオリエンテーション合宿に行きました。

昨日の緊張はどこへやら、九十九里へ向かうバスの中ではすっかりおしゃべりさんになった生徒たちに、我々教員も一安心。

「私の去年の担任の先生がね…」「そんなことがあったんだ!私の担任の先生は…」

「九十九里って外房のどの辺?」「真ん中より少し北寄りだった気がするよ」

宿舎に到着して食事をとる頃には、緊張も解けはじめたようでした。

 

IMG_9826

 

 

食事の後には、クラスオリエンテーションとミニ運動会が行われます。

クラスオリエンテーションでは、自己紹介をしあう「サイン集め」などがおこなわれました。担任の先生と、HRの連絡以外で触れ合うはじめての機会。少しずつ、クラスが生徒たちの「居場所」になっていきます。

IMG_9852

 

ミニ運動会はクラス対抗で行われます。競技に懸命に取り組む生徒の姿もさることながら、必死に自分のクラスの応援をしている姿をみると、仲間意識が芽生えたことがわかります。ミニ運動会終了後には、1年生全員が健闘を称える拍手をおくりあっていました。

 

IMG_9945

 

oonawa

 

夕食が終わり、夕方のオリエンテーションがはじまりました。

校長であるSr.西山からは、晃華学園に集まった“縁”についてのお話がありました。

「晃華学園は、家庭的な精神を大切にする学校です。それは、あなた方一人一人は特別な使命を持ったかけがえのない存在ですよ、と私たち教員が考えているということでもあります。そして、そのような大きな使命を抱いているということに自分自身でいずれ気が付けるような生徒が、晃華学園には毎年集まっています。そういった縁によって、皆さんは晃華学園に集まったのです。」

 

IMG_0008

 

学年主任の先生からは、自身の経験を交えつつ、晃華生として過ごしていくためのお話がありました。

「晃華学園で6年間生活しているうちに、もしかしたら“こんなところ嫌だ!私がいるべき場所ではない!”と思う時があるかもしれません。私もそのような時期があり、毎日家で悩んでいました。ですが、結局そのようなことを考えているうちは、何も成長できないことに気が付いたのです。“置かれた場所で咲きなさい”という言葉があるように、その時の自分ができる精一杯の努力ができる生徒になってください。」

「6年間晃華学園で生活しているうちに、先生に指導されることも一度はあるでしょう。その時は、“先生に怒られた!”ではなく、“先生に愛された”と考えましょう。我々教員は、皆さんに愛をもって接しているからこそ、皆さんに指導をします。もし愛情がなければ、指導なんかしないほうが互いに気が楽ですよね。ですから、先生方に愛されたと思って、素直な心で指導を受け止めてください。」

IMG_0974

 

先生方の愛情あふれるお話を、生徒も真剣に受け止めていました。晃華学園が大切にしているものは何かということを吸収していくことで、少しずつ晃華生らしくなっていきます。

3

 

翌朝、各クラスでクラス目標を作成しました。担任の先生が設定するのではなく、生徒から出た意見をまとめ、生徒達が主体的に作成するクラス目標です。
A組「絆」
B組「1人1人が助け合って笑顔あふれるより良いクラスをつくっていこう」
C組「学校生活のけじめをつけ笑顔とあいさつがあふれる明るいクラス」
D組「学び合い、助け合い、高め合おう」
どの目標にも、他者との関わり合い・つながりを表す言葉が共通して入っています。自らの能力を他者のために使える人になろうという、晃華学園の目標に通ずるものが生徒の心から出てきた、ということです。晃華生としての初めの一歩を、中学1年生が踏み出した瞬間でした。

IMG_0060

4月7日、本校で入学式が行われました。
4月2日の登校日には、見知らぬ顔に囲まれて不安でいっぱいだった新入生たちも、オリエンテーション合宿を通して、たくさんの仲間が出来ました。
仲間とともに入学式に臨む生徒の表情は、4月2日の登校日より、安心して見えました。
こうして、多くの仲間とともに、正式に晃華学園の生徒として迎え入れられます。

IMG_1060

入学式で、代表生徒は次のように決意を話しました。

「世界には、自らの力を他人のために使うことで、周りの人を助けている女性がいます。私たちも、そのような女性になりたいです。そのため、困難が立ちはだかるときは、みんなで協力し、助け合い、支え合うことで壁を乗り越えていきます。」

 

 

IMG_1100

 

IMG_1112

 

はじめて登校した日から、入学式が終わるまでの間に、159名は、「新入生」から「晃華生」になっていきます。

「晃華生」になった彼女たちが、6年後どのような表情をしているのか。今から楽しみです。

IMG_1146

 

2018/04/13 学校行事

高校1年生進路学習合宿

新年度を迎えた4月2日から4日まで、新高校1年生の進路学習合宿がホテル&リゾーツ南房総で行われました。
晃華学園ライフガイダンスの一環として、生徒それぞれが高校生としての自覚を持ちながら、特に進路・学習面について考え、学びを実践する3日間を過ごしました。
1日目。真新しい制服姿の高校1年生が登校します。この日は新中学1年生もオリエンテーションで登校し、フレッシュな姿を見せていました。
高校生活初めてのホームルームが終わり、学年全員でバスに乗車、学校を出ました。
現地に到着後、開校式が行われた後、進路学習合宿のプログラムに入りました。
1日目は、これまでの学習状況について振り返りを中心に活動を行いました。生徒各自が模試の解き直しを行い、定着している分野とそうではない分野を自覚する時間となりました。そして、高校生での学びについて、個々に考えました。
2日目には、高校卒業後の進路について考える時間が多くなります。晃華学園オリジナルの「La vie heureuse」を活用し、卒業生の人生をロールモデルにして、自分のこれからの人生について考えました。夕方からは、クラスごとに発表会が行われ、どの生徒も集中して友人の発表を聴き、メモをとっていました。
3日目は、クラス発表会学習告から始まりました。クラスの代表者が、2日目に行われたクラス内発表会で発表した内容を、学年全体にも報告しました。
生徒は報告によく耳を傾け、友人の考えを共有していました。続けて、3日間の振り返りを行い、高校生活のモチベーションを大いに高めました。

IMG_0037IMG_0046

?

 

PAGE TOP