KOKA´S LANDSCAPE

2018/07/07 行事・ロングホームルーム

第52回 体育祭

先日、第52回体育祭がエスフォルタアリーナ八王子で行われました。

taiikusaikaijo

晃華学園の体育祭は、赤・青・黄・緑の4チームにわかれて行われます。各学年の中でクラスごとに4色にわけられ、各色ごとに1つの縦割りチームとなります。
先輩後輩は関係なく、チーム一丸となって総合優勝を目指して競い合うのが、晃華学園の体育祭の一番の特徴です。D03_2563

競技に臨む生徒達の表情は真剣そのもの。普段はおとなしい子も、大きな声をあげて競技や応援に参加していました。

CIMG1681

今回の体育祭は、応援の声の大きさが非常に印象的でした。
競技に参加している人だけではなく、観客席の生徒からも大きな声援が飛び交い、学校全体で競技を作り上げているという印象を強く受けました。
晃華学園の体育祭は、会場にいる参加者全員で作り上げていく一つの作品です。
CIMG1691

また今回の体育祭のもう一つの特徴として、プログラムのサブタイトルが挙げられます。
すべてのプログラムに、流行りのフレーズを上手に活用したユーモア溢れるサブタイトルを、体育祭実行委員の生徒がつけてくれました。
そのクオリティが非常に高く、校長のシスター西山も開会式で作成した生徒を褒めていました。

subtitle
今回は、総合優勝は黄色(C組)・応援合戦の一位は青色(B組)でした。
CIMG1694

体育祭の運営は、生徒である体育祭実行委員が主体になって行われます。実行委員は、体育祭の運営のために会議を重ね、打ち合わせを行い、準備を進めていました。体育祭当日は、朝早くからエスフォルタアリーナに集まり、競技が始まれば皆のために体育館中を走り回りました。他者のために、自分の力を最大限発揮し、自分自身も輝く姿は、晃華学園の精神を表しているように感じられます。

体育祭実行委員の皆さん、そして競技に参加した生徒の皆さん、お疲れ様でした。

 

PAGE TOP