KOKA´S LANDSCAPE

2018/03/28 スクールバス−ダイヤ

4月2日・3日のスクールバスダイヤ

4月2日・3日のスクールバスダイヤをお知らせします。

バス乗車中は運転手さん、バス乗車時は誘導係の方の指示に従って下さい。
急なダイヤ変更もありますので必ず校内の掲示板を確認してください。

「皆さんにはこれから、“人に優しい食事”を考えてもらいます」

さて、これは何の教科で出された課題でしょうか。
これは地理・家庭科・英語の授業で、生徒に与えられた課題です。

晃華学園では、一つの課題を複数の教科の知識を使って考える「コラボ授業」を行っています。
将来、生徒たちが自分のため・人のために力を発揮しようとする時に、一つの教科の知識だけで良いわけがありません。
生徒たちが、教科の枠にとらわれず、知識を活用し、自分とその周りの人々を幸せにして欲しい。
そんな願いを込めて、晃華学園ではコラボ授業を行っています。

ここでは、「“人に優しい食事”を考える」というコラボ授業を紹介していきます。
このコラボ授業は中学1年生の3学期に、1か月間に渡って実施された授業です。

1

まず、地理の授業中に次のような課題が出されます。

2016年4月14日、熊本県を震源とした地震が発生しました。みなさんは、現地に行き被災者を支援しようと考え、炊き出しを行うことになりました。炊き出し用のメニューを、調理実習班で一食分考えて、食材欄から食材を選んで、メニューを作りなさい。さらに、そのメニューについて絵を描きなさい。そして、そのメニュー・食材を選んだ理由を詳細に書きなさい。
※調理実習班とは、家庭科の調理実習のために組まれた5人1組の班。地理の授業でもこの調理実習班で活動を行っていきます。

この時、条件があります。

その1:主食 + 汁物 + デザートの三つを用意すること
その2:“人に優しい”メニューにすること
その3:一食分の予算は370円にすること

ポイントは、“人に優しい”メニューであること。被災者に優しいだけではありません。
どのような“優しさ”があるのか。それは生徒の知識次第です。

2

なお、食材欄には、
「鶏肉・熊本・100円(一人分)・肥後のうまか赤鶏(ブランド鶏)」のように、
品名・産地・価格・備考が書かれています。
この食材欄には72種類の食材が書かれています。

この食材欄を見ながら、生徒たちがどのように“優しい食事”を考えていくのか、説明します。
例えば、パンについては48円のものと、85円のものがあります。
とにかく安いメニューを作りたいのであれば、48円のパンを選ぶべきです。
しかし、48円のパンには「2か月以上もつことを保証」という備考があり、
85円のパンには「天然素材使用のため早めにお召し上がりください」という備考があります。

生徒は、北アメリカ州の産業を学ぶ際に、食品添加物や遺伝子組み換えについて学んでいます。
「2か月以上もつことを保証」という48円のパンの備考を見て、授業で学んだことを関連付けて考えられれば、「食品添加物を使っているのでは」と考えて、85円のパンを選ぼうとするでしょう。
このように、産地、価格、備考を見て、食材を比較しながら生徒たちは“優しい食事”を考えます。

この課題の中で見られた、生徒のやりとりを紹介していきます。

生徒A「「虫食いあり」のみかんは使いたくない」
生徒B「農薬を使っていないっていうことだよ」

生徒C「国産であればどれも一緒じゃない?」
生徒D「熊本県産のものを選んだ方が地産地消になるよ」

31

このように、農薬や地産地消など、自分の知っている知識を関連させ、友人とともに学び合いながら“人に優しい食事”を考えていきます。

IMG_0698

生徒が記入した作業シート

しかし、これでコラボ授業が終わりなのではありません。
この授業の最後に、教員が「“人に優しい食事”を考えるのはこれが最後ではない。様々な授業が関連するから考え続けて欲しい」と呼び掛けます。
こうして、コラボ授業「“人に優しい食事”を考える」が始まっていきます。

次回は、この課題に家庭科の内容が関連してくる様子を紹介していきます。

関連記事:【中学1年生 コラボ授業「”人に優しい食事”を考える」その2

関連記事:【中学1年生 コラボ授業「”人に優しい食事”を考える」その3

その1はこちら

地理の授業をきっかけに“人に優しい食事”を考え始めた生徒たち。
これと並行して、生徒たちは家庭科の授業も受けています。

4

栄養素などの調理に関する基本的な知識を身につけることで、自分たちの考えた“人に優しい食事”に三大栄養素が含まれていなかったことに気が付いた生徒もいたようです。
イモは腹持ちが良いことを知り、「イモを使ったスープにすれば良かった!」といった声も上がりました。

また、実際に調理実習班で調理を行いながら、油を使った際の後片付けの大変さ、調理そのものの大変さを体感していきます。
さらに、教員が「被災地は、調理機材などの調理条件が厳しい」という声掛けを行うと、生徒からは「私たちだけでも作れる料理にしないと」という反応がありました。
自分たちが“人に優しい食事”で考えていたメニューが、後片付け・調理方法などの点を考慮に入れていなかったことに気が付いていきます。
IMG_0534
地理の授業では、南アメリカ州を扱う中で、児童労働やフェアトレードについて学んでいきます。
食材欄には「子どもの奉仕によりつくられている」というチョコレートがあります。
このチョコレートで“人に優しい食事”を作っていた調理実習班は、自分たちのメニューの問題点に気が付いていきます。

さらに、図書情報センターに、“人に優しい食事”に関するコーナーが設置されているので、授業だけでなく書籍で得た知識も使って、“人に優しい食事”を考えていきます。
IMG_0691

このように、様々な知識を学んだ上で、地理の授業中に再び“人に優しい食事”について考えていきます。
一度目の“人に優しい食事”を考える課題との違いは、個人作業であるということです。
この課題では、教員が設定したメニュー1・2・3・4がそれぞれ、何を重視して“人に優しい”のかを、個人で分析してもらいます。

それぞれのメニューは、
その1:外国産の製品を使わない、完全国産メニュー
その2:栄養バランスを重視した、栄養重視メニュー
その3:アレルギーの人でも食べられる、アレルギーフリーメニュー
その4:九州周辺でとれた食材のみを使った、地産地消メニュー
になっています。

これらのメニューを分析したうえで、
生徒たちは、「最も人に優しい食事だと思うメニュー」と「最も人に優しくない食事だと思うメニュー」を選び、それぞれの根拠を100字程度で書いていきます。

栄養素が高いが、アレルギーのある人が食べられないメニューを優しいと考えるのか、
地産地消で輸送にかかるエネルギーが削減できるが、栄養素があまりないメニューを優しいと考えるのか、
生徒によって、判断は異なります。それをあえて選ばせることによって、自分が大切にしたい価値観を明確にしていきます。

このように、地理・家庭科・書籍を通して、“優しさ”に関する知識を身に着け、自分が大切にしたい価値観を明確にした上で、地理の授業での最後の活動に入ります。

次回は、地理での最後の活動と、英語での活動をご紹介します。

関連記事:【中学1年生 コラボ授業「”人に優しい食事”を考える」その1

関連記事:【中学1年生 コラボ授業「”人に優しい食事”を考える」その3

その2はこちら)

地理での最後の活動として、もう一度、調理実習班で“人に優しい食事”を考えてもらいます。
ただし、一回目の調理実習班での活動とは違う部分がいくつかあります。

生徒は“優しさ”を考えるための知識を増やしているため、より多角的に“優しさ”を考えることができます。

さらに、課題の冒頭で、生徒が自分の価値観を明確にするところも大きな違いです。
調理実習班の中で、生徒一人一人が、自身の選んだ「最も人に優しい食事だと思うメニュー」を発表し合い、そのメニューが優しいと考える根拠は何なのかを、主張し合います。
生徒たちは、自分と他者の優先する“優しさ”が違うことに気が付き、お互いの根拠を知ることで、多様な“優しさ”に関する考え方があることを知ります。
この上で、調理実習班で一つの“人に優しい食事”を作り上げていきます。
IMG_0527

この時、二つの困難にぶつかります。
一つ目に、“優しさ”に関する知識が増えているため、全ての“優しさ”を同時に成り立たせることができないという問題があります。例えば、以下のような“優しさ”を巡る議論がありました。

生徒A「味噌汁は体も温まるし、栄養バランスから考えても良い料理だ」
生徒B「でも、大豆アレルギーの人が食べられないよ、大豆アレルギーの人がかわいそうだ」
生徒C「ブイヨンを入れた野菜スープにしたらいいんじゃないかな。スープだから体も温まるよ」
生徒D「ブイヨンが入っているとイスラム教徒の人は食べられないんじゃないのかな」

二つ目に、予算に関する困難があります。
一食分の予算は370円であるため、予算の観点からも全ての“優しさ”を実現することは困難です。

このような困難の中でも、最大限の“優しさ”を実現できるように、生徒たちは奮闘していました。
食べやすさと調理のしやすさを考慮しておにぎりを選ぶ班、
フェアトレード食品を積極的に使う班、
腹持ちを考慮してイモを使う班など、最初の活動よりも多種多様な“優しさ”を取り入れる班が多くありました。

WIN_20180129_10_07_08_Pro

このような困難に直面したからこそ、生徒たちには学ぶことがあったようです。
一つのふりかえりを紹介します。

私が今回の取り組みで難しいと感じたことは、一人一人が求めていることが違うということです。「ハラル」や「値段」「食べやすさ」「アレルギー」「栄養」など、それぞれ注意したいことが違います。その中で、どれだけ値段をおさえ、同じ献立を皆がおいしく食べられるかを考えました。今後、私たちが人に優しい食事を実現するためには、周りとのコミュニケーションを取ることが必要だと考えました。コミュニケーションを取るとことで、いつどんな状況であっても相手が何を求めているかを知ることができるからです。

ここまで、震災の炊き出しのために、“人に優しい食事”を考えてきました。
ところで、被災者全員が、日本語を話すことができるのでしょうか。

最後に英語の授業でも、“人に優しい食事”を考えます。

英語科の教員が

熊本の震災で被災した人は日本人だけではない。熊本に住む外国の方も被災したが、外国の方は避難所に行った際、言葉が分からず非常に不安であった。

という説明を行います。

IMG_0518

その上で、生徒たちは自分たちの作った“人に優しい食事”を英語で説明する課題に取り組みます。
この課題では、調理実習班に分かれ、料理名・材料・それに対する説明・アレルギーの有無・宗教などを英語で記載するシートを完成させていきます。

この時、英語科の教員が強調したことは、メニューを直訳するのではなく、不安な外国の方でも分かるような説明をすることです。
生徒たちは、辞書を使い自分たちで単語を調べ、“人に優しい食事”を分かりやすく説明する努力をしていきます。
「海苔」を辞書で調べ“laver”と訳したグループに対しては、教員から「“seaweed”の方が一般的。辞書のそのままの表現が分かりやすい表現とは限らない。」というアドバイスが入ります。
また、生徒は教員に質問しながら、“easy to eat(食べやすい)”のように、まだ学習していない文法事項についても、学んでいきます。
IMG_0522

このように、“人に優しい食事”を分かりやすく伝えるという目的に向かって、生徒は“いきいきと”英語を学んでいきました。
IMG_0696

英語による”人に優しい食事”の説明

以上のように、食品添加物・農薬・アレルギー・遺伝子組み換え・栄養素・地産地消・食べやすさ・調理方法・片づけ・フェアトレード・宗教・外国人被災者など様々な観点から、“人に優しい食事”を考える授業が、コラボ授業「“人に優しい食事”を考える」です。

この授業の特徴は、一つ目に、様々な教科を通して、“優しさ”の多角的なあり方を学習することにあります。
二つ目にその“優しさ”を、全て同時に実現することが困難であることがあります。
三つ目に、実現することが困難であるからこそ、どの“優しさ”を優先するのかを巡り、他者との間で議論が生まれることがあります。

やがて晃華学園を巣立つ生徒たちは、何かの目標に向かう中で、様々な困難にぶつかると思います。全てを理想的な状況で実現することはできないかもしれない。
その時、他者と対立し、あきらめて、目標に向かう歩みを止めないでほしい。
決して歩みを止めず、他者との違いを分かり合い、乗り越え、他者と力を合わせて、理想に向かってほしい。
晃華学園の授業が、生徒たちがより良く生きていくヒントになればと願っています。

その他のコラボ授業:【高校1年生 コラボ授業「囚人のジレンマ」(政治経済×数学)

関連記事:【中学1年生 コラボ授業「”人に優しい食事”を考える」その1

関連記事:【中学1年生 コラボ授業「”人に優しい食事”を考える」その2

 

晃華学園では、一つ課題を複数の教科の知識を使って考える「コラボ授業」を行っています。将来、生徒たちが自分のため・人のために力を発揮しようとする時に、一つの教科だけの知識で良いわけがありません。
生徒たちが、教科の枠にとらわれず、知識を活用し、自分とその周りの人々を幸せにして欲しい。そんな願いを込めて、晃華学園ではコラボ授業を行っています。

今回は、政治経済と数学のコラボ授業実践をご報告させていただきます。
政治経済と数学というと、あまり関係のない教科であるように感じてしまう生徒は多いものです。しかし政治学と経済学のどちらも、仮定に基づいた厳密な論理性なくしては成立しません。つまり、政治経済は数学的要素を多く含んでいる、と考えることができます。その典型例として、今回の授業ではゲーム理論の“囚人のジレンマ”について学習しました。

囚人のジレンマとは、数学者のアルバート・タッカーが考案したとされている、2人の囚人を題材にしたゲームです。ゲームといってもTVゲームなどといったものではなく、「ゲーム理論」という学問の中における、数学的な試行のことを指します。実際のワークシートをご覧ください。


この場合、実は2人の囚人はいずれも自白をすることになります。まず、生徒にはその理由を書いてもらいました。その際、「誰が読んでも納得できるように客観的に書くこと」そして「仮定に基づいた数学の証明のような文章にすること」という2つに注意するようアドバイスをしました。書き始めた生徒たちの表情は真剣そのもの。どの生徒も詳細に記述をしてくれました。実際に生徒が書いた文章を見てみましょう。

『自分が黙秘している状況から考える。
(i)相手が黙秘し続けているとき、自分が黙秘していても2年、自白しているときは0年。
(ii)相手がすでに自白してしまっているとき、自分が黙秘していると10年、自白すると5年
(i)、(ii)のいずれにおいても、自分の利益を追求するため、自分は自白をする。これは相手も同じだから、お互い自白を選ぶ。』

『Bについて
・Aが黙秘した場合、Bが黙秘すると懲役2年となり、Bが自白すると懲役0年となる。
・Aが自白した場合、Bが黙秘すると懲役10年、Bが自白すると懲役5年となる。
よってBについては、Aが黙秘した場合においても自白した場合においても、自白した方が懲役が短くなる。
Aについても同様のことがいえるので、AとBは自白する。』
seito1

 

場合分けを行い、比較検討・序列化し、それぞれの囚人がどのように選択をするのかが論理的に記述されています。数式やら公式やらは登場しないものの、まさに数学の証明問題のようです。

生徒の説明にもあるように、個人の利益を追求している限り、2人の囚人は自白をしてしまいます。これをナッシュ均衡といい、各々が個人の利益を追求したときに発生する状況を表します。しかし、2人とも自白をしてしまった場合に比べたら、2人とも黙秘をした場合の方が刑が軽く、望ましい状況です。これをパレート最適といい、全体にとっての利益が最大となる状況を表します。
このナッシュ均衡とパレート最適が一致していない状態の1つが「囚人のジレンマ」である、ということになります。
2

囚人のジレンマの説明を記述した後、生徒はこれをさらに発展させ、日常の中の「囚人のジレンマ」のような現象を自分で考えてみました。
初めは「そんな難しいことできるかな…」と口にしていた生徒もいたものの、書き始めたらどんどんペンが進み、最終的に素晴らしい事例が数多く出来ました。その一部を紹介します。

生徒A
6

生徒B
3

生徒C
4
生徒D
5

授業中に生徒が書いた内容は、プロジェクターを用いてその場ですぐに共有しました。
IMG_1454

 

教員に質問したり生徒同士で相談したりしつつ、生徒達は高いクオリティの事例を作ってくれました。難しい問題であったにもかかわらず、時間が過ぎても「もっと考えたい!」という生徒が出るほど、生徒は熱中して取り組んでくれ、授業をしている側としてはとても嬉しく感じました。
作成後、近くの席同士で事例を紹介しあう時間をとったところ、「○○さん、すごい!」「説明が細やかでいいねー」などといった会話が広がりました。こういった高め合いが自然と行われていくのも、他にはない晃華生の良さであるように感じられます。

IMG_1455

 

今回の授業の目的の1つに、生徒達に「説得上手」になってもらう、というものがあります。
これからの世の中がどのように変化していこうとも、私たちは必ず他者と関わりながら仕事や生活をしていきます。それはつまり、他人と協力しなければ生活が出来ない部分がある、という事でもあります。
自分にも相手にもメリットがあるという事をいかに論理的にわかりやすく伝えるか。それは、将来自らの力をもって他者を助けることを使命とする晃華生にとって、必要不可欠な能力なのではないでしょうか。晃華生の成長は、授業から始まります。

高校1年生の数学の授業実践はこちら

中学1年生コラボ授業「”人に優しい”食事を考える」はこちら

PAGE TOP